FC2ブログ
このRSS集はかたつむり速報(むり速)@2chが管理しています。
このRSS集はかたつむり速報(むり速)@2chが管理しています。
このRSS集はかたつむり速報(むり速)@2chが管理しています。

オススメ!

このRSS集はかたつむり速報(むり速)@2chが管理しています。

【秘密の初恋】もうすぐ出会って2年目になる彼女との出会いを語る

スレタイ:もうすぐ出会って2年目になる彼女との出会いを語らせてくれ
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1440846154
1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:02:34.577 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
スペック

大2
ブサメン

彼女
同い年
天使、神、仏



2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:03:34.965 ID:Bak1wU9e0NIKU.net
大仏みたいな顔の彼女とか羨ましくないわ
8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:08:52.593 ID:sCO0vQr60NIKU.net
>>2
ワロタ
3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:04:11.479 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
>>2
性格がな
5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:05:54.422 ID:7KHM9oye0NIKU.net
続き聞かせて
6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:06:23.408 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
じゃあ書いてく

俺たちが出会ったのは2年前だ、ということになっている。もうすぐ2周年の記念日を迎える。
7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:07:18.148 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
なっている、というのはなにも記憶をなくした彼女に思い出させたくない過去があって、それであえて嘘をついているというような、ドラマにありがちな感動ラブストーリーがあるからではない。
そんなかっこいい理由だったら、何も恥じることはないけれど、本当の理由はもっと恥ずかしい、彼女にはとても言えないものだ。
9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:09:27.226 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
俺にとって、彼女と出会って2年目の記念日は彼女と出会って3年3ヶ月とあとちょっとの記念日だ。
つまり、俺は、彼女が俺のことを知る前から、一方的に彼女のことを知っていたということだ。
そして、恥ずかしながら、ずっと愛していた。完全な片想いだったから、愛しているなんて軽々しくは言えないかもしれないけど、本当に彼女が好きだった。
10:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:11:33.659 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
俺が彼女を一方的に知ったのは、高校の文化祭でだった。俺の通っていた高校の文化祭では、吹奏楽部による演奏会が恒例のフィナーレとなっていた。
11:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:12:13.550 ID:7KHM9oye0NIKU.net
>>9
一年以上片思いか、わかるよ辛い
12:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:14:18.782 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
>>11
コメントありがとうございます。今でも思い出すだけで胸が熱くなります。


この演奏会は、はっきり言って退屈そのもので、俺は全く興味もなかったが、友達に無理矢理連れてかれ、嫌々演奏に耳を傾けていた。
普段音楽など全く興味もない友達がなぜ俺を付き合わせたのかというと、吹奏楽部に同学年で超可愛い女の子がいるらしいとの噂を彼が聞きつけたからだった。
13:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:16:43.397 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
演奏会も進み、暫くすると、周りが急にザワザワし始めた。

「いよいよ来るぞ!」って、友達が叫んだ。

はっきり言って俺は女子に興味がなかった。
いや、本が好きで内気だった俺は女子と喋る機会など殆どなく、知らず知らずのうちにそう自分自身を納得させようとしていたのかもしれない。
14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:18:06.076 ID:7KHM9oye0NIKU.net
>>13
そんなに話題の人だったのwwwww
16:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:20:08.218 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
>>14
読んでくれてありがとうございます。
男子なんてぶっちゃけそういう話しかしないじゃないですかw

しかし、その女の子が登場し、緊張しているのか、少し強張ったような笑顔でお辞儀をした瞬間、胸に稲妻が落ちたような、そんな衝撃に襲われたのを俺は忘れない。

それが俺にとっての彼女との出会いだった。
21:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:23:09.860 ID:7KHM9oye0NIKU.net
>>16
修学旅行で首かしげながらはにかんで手振ってくれたクラスメイトに一目惚れして2年思い続けた過去を思い出した
26:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:30:15.153 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
>>21
やっぱりそういう思いではいつまでも残りますね。
15:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:19:36.993 ID:s4ClsoK60NIKU.net
文章キモすぎワロタ
18:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:21:31.320 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
>>15
ちょっと小説風に書いてみたんです。読んで行ってくれると嬉しいです。
20:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:22:39.153 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
その後は、ずっと放心状態で彼女を見ていた。
演奏会が終わって、友人が帰ろうと言ったのも気づかなかったほどだった。

彼女はフルートを演奏していた。小さな手で一生懸命にフルートを吹く彼女の真剣な面持ちもまたとてつもなく美しかった。
25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:28:52.800 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
帰り道、友達に「すげー美人だったな!あんな彼女がいたらいいな!」って話しかけられた。
俺は「別にフツーだろ」とか心にもない言葉を返していたと思う。
心の中では、あんな素敵な人と一緒にいられたらどんなに幸せだろう、なんて、普段の自分らしからぬことをたくさん考えていた。
17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:20:50.617 ID:bgpN93Vm0NIKU.net
その彼女とやらは芸能人で言うと誰に似てるんだよ?
22:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:23:59.932 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
>>17
芸能人はよく知らないけど、パフュームの髪が長い2人のうちの可愛い方に似てるかなって思います。
24:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:26:51.810 ID:bgpN93Vm0NIKU.net
>>22
それどっちだよwwwwwwwwww
真ん中か後ろか
27:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:32:28.292 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
>>24
たまに髪を縛っている?方です。

これが恋の始まり。
一目惚れなんてのは都市伝説だと思っていたから、いきなり恋に落ちてしまって、いろいろ戸惑った。
28:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:34:09.455 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
それからというもの、俺は朝起きた時から寝る時まで彼女のことばかり考えていた。
朝飯を食ってる時も、トイレに入ってる時も、いつでもどこにいるときでも彼女のことが頭に浮かんできて、どうしようもなかった。
29:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:37:22.567 ID:7KHM9oye0NIKU.net
>>28
一見キチガイに見えるけど、実際これ
ほんとに頭おかしくなるんじゃないかと思うぐらいその子のことで一杯になる…
30:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:37:57.103 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
休み時間は、トイレに行くふりをして、必ず彼女を見に行ってたし、わざと彼女のクラスでそのクラスにいた友達と騒ぐなんてこともやった。
31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:38:59.547 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
まあ結局恋する高校生の発想なんてこんなもんだわな。
効果なんてあるわけない。
彼女はいつ見に行っても少し派手な男と派手な女子数人と談笑していた。
彼女の笑顔は相変わらず美しかったけど、その笑顔を見るたびに、別世界の人間なんだな、って思い知らされた。
33:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:41:04.492 ID:7KHM9oye0NIKU.net
いやあああぁぁぁぁあ
トラウマ蒸し返さないでえぇぇぇぇ
34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:41:27.841 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
彼女と同じクラスの友達があいつら付き合ってるらしいぜ、って派手な男子と彼女を指差して言ったので、俺はやっぱりそうだよな、なんて納得しながらも、どこかもどかしくて、すっきりしないような、そんな感情を覚えた。
胸が痛かった。こんなにも俺は恋しているのに、彼女は俺の存在すら知らないのだろう。それってなんか理不尽じゃないか?なんてとてつもなく理不尽なことを考えていたっけ。
35:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:43:40.535 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
でも、それからはすっかりあきらめようと努力して、(努力とは言えないか)無関心を装ってた。
廊下ですれ違った時にチラ見する位。
でも、ふとしたときに彼女の笑顔を思い出してしまう、そんな切なくて苦しい毎日が続いた。
どうしようもないけれど、やっぱり自分に嘘はつけなかった。
37:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:46:08.620 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
そんなこんなで1年間が過ぎ、また文化祭の季節がやってきた。
やっぱり彼女を忘れられない俺は、彼女をもう一度見に、吹奏楽部の演奏会に行った。
やっぱり美しい、やっぱり好きだって再認識させられたけど、どうすることもできなかった。
40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:50:00.825 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
文化祭が終わると、学校は一気に受験モードになる。
気づけば俺も高3になっていたのだ。
勉強は好きではなかった。

どこの大学に行くかなんて、はっきりと考えたこともなかった。テキトーでいいだろ、とかお決まりの台詞考えてた。
41:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:53:17.593 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
そんなとき、ふと彼女はどこの大学を目指しているのか気になった。

気になりすぎて友達に聞いてみると、「そんなこと知るわけねーじゃん。」とのこと。少し落ち込む俺。
「あ、でも、頭超いいらしいぜ!まさに才色兼備だよなー!」と別の友達。手がかりを掴めて少しほっとしたが、ますます、やっぱり高嶺の花だなって悲しくなりもした。
44:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:56:15.454 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
放課後、俺は初めて職員室の横に貼ってあるテストの順位表を見に行った。
上から数えて、7、8番目に彼女の名前があったと思う。すげーって思って、またなんか落ち込んでそのまま家に帰った。
46:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 20:57:46.997 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
家に帰ると、母親がずっと待っていた様子で、「どこの大学にするの?」って聞いてきた。
こういうのって良くも悪くもタイミングすごく合うものなんだよね。
当時の俺の成績は学年で60番くらいだったと思う。悪くもないが、特別良くもない。結局どこの大学に行くかという議論は平行線のまま終わり、とりあえず俺は塾に生まれて初めて通うことになった。
47:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:00:05.327 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
今思えば、その塾に行ったことが、俺の人生を変えたんだな。
暫くして、塾の説明会があった。
一番最初に、先生が大きな声で言ったことが俺は忘れられない。
「みんな熱くなってるか?大学受験は人生を変える一つの手段だ!夢を追って大学を目指すのもよし、好きな人を追って大学を目指すのもよし!勉強で人生を変えよう!」だった。
こちらが恥ずかしくなるくらいのその熱血ぶりに今までテキトーに生きてきた俺は衝撃を受けた。そして何よりも、「好きな人」っていう言葉に。
48:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:05:12.595 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
そして、俺は決めた。
勉強して、彼女と同じ大学へ行こうと決意した。
まあアホなのが、彼女の目指している大学も知らないのにそんな決意をしたこと。塾の先生にも、明確な目標は言えず、とりあえず成績をあげてください!ってお願いして、俺は死ぬほど勉強した。
50:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:08:04.019 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
辛くなったときは、彼女の笑顔を思い出して勉強を続けた。これも今思えば、アホ。同じ大学合格したところで、結局はなにもないだろうなんてことは一切考えなかった。
何か彼女と繋がっているそんなものが欲しかった。
51:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:13:27.980 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
夏休みは1日14時間は勉強してた。若いっていいなあ。エネルギーが有り余ってる。
54:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:19:23.839 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
そんなこんなで迎えた夏休み明けのテスト。
俺は確実な手応えを感じた。テスト返却が終わり、恒例の順位表が掲載されると、俺はすぐに見に行った。順位を見ると、なんと、彼女の名前の下に、俺の名前があったのだ。順位は20番くらいだったと思う。
57:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:21:49.860 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
俺は幸せな気持ちで、塾へ行き、そして授業を終えて帰宅しようとしたとき、俺は目を疑うものを見た。
俺がいつも自転車を止めていたところは、影になっていて、周りから見えにくいのだが、そこで、一人の女の子が泣いていたのだ。
61:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:24:24.386 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
俺はその場を立ち去ろうと思ったが、心配になって、やっぱり勇気を出して、話しかけた。
62:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:25:26.779 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
その女の子は少しビクッとした後、顔を上げた。
今度は逆に俺がビクってなった。それは、俺が恋していた彼女だったのだ。
65:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:28:05.910 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
初めて近くで見る彼女は、いつもと少し感じが違っていた。
どこか子供っぽいというか、まあ泣いていたからかもしれないけれど。
いつも笑っていた彼女の泣き顔を初めて見た俺は完全にきょどっていたと思う。一緒の塾なんて知らなかったし、とにかく焦りまくりで、一言も喋れなかった。
66:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:29:39.612 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
「ごめんなさい。」と、にわかに彼女はつぶやいた。
泣くのをこらえるのに必死そうだったその声は、しかしやはり美しく、俺の聴覚をいたずらに刺激する。
68:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:32:17.393 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
俺は自分の動揺を抑えるのに必死で、でも、それ以上に泣いている彼女を守ってあげたいとか、そんな気持ちが生まれてきて、緊張は収まり、励ますために大丈夫、大丈夫って繰り返してた。
ここでそんな感情が生まれたのは、いつも彼女のことを考えていたおかげだと思う。
69:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:33:53.129 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
そこで、さっき自販機でお茶を買ったことを思い出して、(もちろん飲みかけじゃない!)彼女に手渡した。
彼女はペットボトルを両手で受け取ると、それで目を覆うようにして持ち、また泣き始めた。そんな仕草をされたら、こっちの身も持たない。可愛い過ぎて爆発しそうだった。
70:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:35:08.021 ID:7KHM9oye0NIKU.net
>>69
完璧対応、素晴らしい
71:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:35:38.449 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
彼女が落ち着いてから、わけを聞くと、成績が落ちてきてしまい、目標の大学に入れるかどうか微妙になってきたということらしかった。
俺はどさくさに紛れて彼女の志望校を聞いてしまった。涙を見せた相手には躊躇いもなくなるのだろうか、彼女は素直に答えてくれた。
72:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:37:56.697 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
「俺もそこを目指してるんだ。でも、俺も厳しくて…。」って俺は嘘をついた。「でも俺は諦めたくない!まだ時間はあるんだから最後まで諦めないで頑張ろうよ!」って自分らしくない言葉も口から次から次へと飛び出た。
73:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:39:04.432 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
今思えば、あの時、恋で俺は少し強くなれていたのかもしれない。
彼女に嘘をついたのは申し訳ないけど、兎に角彼女を励まそう元気づけようって必死だった。
74:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:39:50.375 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
帰り道が途中まで同じだということも分かって、俺は自転車を押して彼女と一緒に帰った。
ただただ彼女が心配で、彼女に笑っていて欲しくて、俺は冗談などをなりふり構わず喋りたくった。
76:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:41:19.935 ID:7KHM9oye0NIKU.net
>>74
なんだ1はコミュ障じゃないのか
78:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:44:15.313 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
>>76
どもりまくりのコミュ障です。でも、あの時は必死になんとか頑張りましたw
友達のギャグとか借りて、今思えば恥ずかしいですw
75:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:41:01.231 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
コミュ障の俺は汗が尋常じゃなかった。家に帰って下着を見たら、脇汗で下着が黄色くなってたほどだった。
生きている心地がしなかったけど、その努力の甲斐あって、心なしか最後の方には彼女も笑顔になってくれてたと思う。
夕焼けの余韻が残る空を見上げて俺はこの瞬間がずっと続けばいいな、なんて思ってた。
77:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:43:05.361 ID:7KHM9oye0NIKU.net
>>75
ああ、すまん、被って誤爆した
そういう経験するとコミュ障さらっと治ったりすんだよなぁ
甘いわぁ…
80:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:44:41.216 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
そして別れ。普段は気が滅入るほど時間がかかるように感じる帰路もあっという間に終わりに近づいていた。
俺が別れの挨拶をすると、彼女が俺の名前を呼んだ。
なんだと思って振り返ると、彼女はケータイを小さな両手に抱えるように握りしめていた。
83:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:46:11.292 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
「今日は本当にありがとう。今日のお礼がしたいので、メールアドレスとか、いいですか?」彼女が少し照れながら切り出した。
俺は 呆気にとられていたけど、なんとか、バーコードリーダーのやり方を思い出して、メアドを交換した!メアド交換なんて発想がなかった俺はこれだから童貞野郎のままなんだなとか思った。
彼女はもう一度お礼を言い、去っていった。
89:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:48:53.859 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
俺は嬉しくて嬉しくて、自転車を全力で立ち漕ぎして家への最後の登り坂を自己ベストのタイムで登り終えた。
叫びたくなったから喉が枯れるまで叫んだ。周りには人がいたから、きっとキチガイって思われてたと思う。でも、本当に胸が熱くって熱くってたまらなかった。
90:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:49:46.629 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
その日は勉強なんて手につかなかった。
夢の中なんじゃないかと思ってシャーペンを手にさしたら、シャー芯が取れなくなってしまった。今となってはこの勲章もいい思い出。
91:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:50:50.634 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
数週間後、お礼として、彼女と一緒に食事に行った。
まあ、そこでは普通に大学の話とかしてたと思う。彼女も志望を下げないそうなので、安心した。
女性との食事なんて初めてで怖かったけど、それ以上に彼女に会える嬉しさが大きすぎて、躊躇いもなかった。
92:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:50:59.001 ID:7KHM9oye0NIKU.net
という夢をみた
93:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:51:11.203 ID:ZDs2661A0NIKU.net
こんなことってある
97:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:52:46.171 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
>>92>>93
自分でも信じられないです。
こんな事が起こったからこそ彼女は運命の人なんじゃないかって思ってます。
98:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:53:22.368 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
だけど、失敗したのが、店の選択。帰り道の適当な定食屋を俺は選択してしまったのだ。後で友達に自慢したら、お前それ振られるぞって怖いこと言われて、ちょっとビビってた。
お礼なので、彼女に少しだけ甘えて、あんみつだけ奢って貰った。あの味は忘れられない。
99:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:55:09.664 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
その後は、勉強の邪魔になるかななんて少し怯えつつも、俺は我慢できずちょくちょくメールしていた。
それでもさすがに受験本番が近づくにつれてメールの頻度も減って行った。
ただ、センター試験前のメールと2次試験前は彼女から激励メールが来て、俺は彼女の笑顔を思い出して、それが最高のお守りになった。
100:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:56:20.483 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
結果は2人とも合格。メールで祝いあった。
また食事にも行った。またあの定食屋に。彼女は前回と同じ生姜焼き定食を頼んだ。ここまでくると、彼女のする事なす事全てが可愛く思えて、彼女が生姜焼き定食を頼んだだけでも可愛いって胸が熱くなった。
101:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:57:48.289 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
彼女とはたわいもない話が続いていたけれど、彼女が突然、「あの時、俺君と会えなかったら、私はどうなっていたんだろう。
あの時、助けてくれて、本当にありがとう。」なんて言うもんだから、俺はなんだか泣きそうになって、水を一気飲みしたら噎せた。
心配してくれる彼女。さすがのムードクラッシャーの俺。
折角のいい雰囲気をぶち壊してしまった。
102:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 21:59:13.592 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
でもこの時、ずっと彼女を守り続けたいなんて思いが生意気にも俺の全身を駆け巡って、もうそれしか考えられなくなった。
そして俺は決心した。今日、彼女に告白しようと。
103:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:00:05.168 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
しかし、決心した後がヘタレの本領発揮時間である。
食事を終えても帰り道が始まっても、告白の言葉は喉につっかえて出てこなかった。
104:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:02:23.272 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
あの電柱を過ぎたら切り出そう、あの橋をくぐったら今度こそ、なんて考えている間に、いよいよ別れる場所に着いた。
彼女は俺にお礼を言って、またね!って手を振ってまた前と同じように駆け出した。俺も力なく手を振って応えた。
105:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:03:05.836 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
彼女の背中が遠くなっていく。その姿もたまらなく美しい。でもどんどん胸が痛くなっていく。
106:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:03:36.376 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
俺は胸の痛みに耐えられなくなった俺はもうどうにでもなれって思ってヒューズが切れたように彼女の名前を叫んだ。
107:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:04:59.061 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
その叫びに驚きながらも、彼女はおもむろに振り返る。
「好きです!付き合って下さい!」ってもう一度叫んだ。
いろいろと台詞は考えたけど、もうこれしか出てこなかった。もう頭も真っ白だった。
108:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:05:42.033 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
彼女はゆっくりと歩いてこっちに向かってくる。
好きだって叫んだ後、真っ白な頭はどんどん後悔の色に染まっていった。
早すぎたんじゃないか?高嶺の花だろ?なんて後ろ向きな事しか思い浮かばなかった。
110:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:06:54.455 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
しばらくしてようやく彼女が俺の前に到着した。
俺はもう泣きそうだった。
でも彼女も何処と無く泣きそうで、俺はもう状況が全く飲み込めなかった。
111:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:08:31.227 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
彼女はにわかに小さく頷いて、「私も俺君が好きです。」って呟くように言った。
俺はもう死んでもいいなって思って、でも死んだら彼女を守れないななんて思って、もう最高の気分だった。
112:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:09:26.000 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
それから2人で公園に行ってしばらく話した後、彼女を家まで送って俺も帰った。
113:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:10:36.357 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
彼氏がいるかもしれないなんて気にしてる余裕はなかった。彼女が好きで好きでたまらなくて。
後で知った話だが、彼女は前の彼氏とは彼女が俺と出会った時にはすでに別れていて、あの時は相談する相手もいなかったらしい。
これが奇跡かこれが運命かって思ったね。
114:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:12:24.979 ID:g/lQ9j+40NIKU.net
元カレいる女と付き合って嫌じゃないの
116:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:14:26.648 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
>>114
彼女が真剣に付き合ってた人だったらしょうがないです。それも含めて、彼女なのですから。
115:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:12:46.232 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
まあそんなわけでその後も彼女と愛を交わし合って、時々喧嘩もするけど、幸せに暮らしている。
片想いしてた時の思いでは彼女に言うつもりはない。あの熱い思いは、痛みも含めて俺の宝物で、彼女に言ったらなんだか消えてしまいそうだから。


以上です。
読んでくれた人ありがとうございました。
117:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:15:54.220 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
本当に長々とすいません。
最後まで読んでくれた人、いるかな?


質問あったら答えます。
118:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:19:31.415 ID:7KHM9oye0NIKU.net
乙、いい話だった
幸せにな
119:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:20:54.248 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
>>118
ありがとうございます。
123:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:23:19.063 ID:7KHM9oye0NIKU.net
読み飛ばしてたらすまない
それは1の初カノ?
127:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:24:55.897 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
>>123
初カノです。
最初は本当にどうしたらいいのか分からなくて、戸惑ったことが多かったです。
133:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:33:38.838 ID:fdl4pGnf0NIKU.net
社会人になってすれちがって彼女が会社の先輩あたりと結婚したらもう一度スレたててくれよな

あとその予行練習に秒速5センチメートル観るように
134:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:35:56.951 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
>>133
なんか不吉なこと言わないでください...lex
実は僕も完全に僕の片想いから始まった恋なので、不安があるんです…
本当に僕でいいのか、なんて時々思っちゃいます...
136:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:41:07.736 ID:bgpN93Vm0NIKU.net
まだ書いてたの?
長すぎwwwwwwwwwwwwww
138:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:42:37.368 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
>>136
ちょっとした短編小説ですね
僕も頑張りました
読んでくれてありがとうございます
137:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:41:19.523 ID:7KHM9oye0NIKU.net
2年というとまだ安心はできないけど、そういう流れなら他のリア充よりはかなり結束強くなれる気がするよ
140:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/08/29(土) 22:43:53.823 ID:WlKOkSkS0NIKU.net
>>137
ありがとうございます。
いろいろ不安はあるけど、その言葉を信じて、これから彼女のことをしっかり守って行きたいです。
1001以下、名無しにかわりましてででんむしがお送りします:2012/5/16(水) ID:katatumuri





引用元【ニュー速VIP_sc】もうすぐ出会って2年目になる彼女との出会いを語らせてくれ
関連記事

この記事へのコメント

イチオシ記事!

このRSS集はかたつむり速報(むり速)@2chが管理しています。

トラックバック

URL :

    オススメ記事

    このRSS集はかたつむり速報(むり速)@2chが管理しています。
    おしらせ
    ゆっくりいきま~っす



    おーぷん2ちゃんねる
    ホーム&キッチン
    最新記事
    最新コメント

    コメントありがとうございます! 励みになります 

    カテゴリ
    月別アーカイブ
    QRコード
    QR